数字の小紋

  • 2018.11.29 Thursday
  • 23:02
とても愛らしくもあり個性的でもある小紋のご紹介です。
程よい輝き感があるシルバーグレーの市松地にガーネット色とトパーズ色の2色で1.2.3.5.6.7.8の数字がランダムに染めてあります。


お気づきと思いますが
4と9はありません。



数字の外は白いラインで囲まれているせいか一瞬刺繍にも見えるように浮き上がってます。
何枚目かの小紋に、何か数学関係のイベントやウィットに富んだ着こなしを考える方にお勧めしたい一枚でございます。

【数字柄小紋】
袖丈 49cm
裄 68cm
身丈 156+18

前幅25.5 後幅28.5
46.000円+税

こちら夢吉日記ご紹介している商品はご購入可能です
1,メールにてご連絡下さい。日記の日付とタイトルをお知らせ頂くと助かります。
以下のアドレスをコピーして下さい。
kyokotokunaga73@gmail.com
2,在庫確認後お返事致します。
3,商品代金をゆうちょ銀行にお振込下さい。
4,商品発送後一週間以内の返品を受付致します。
※返品送料はお客様ご負担お願いします。
5,商品の返品確認後返金致します。
※発送料+振込手数料を差し引かせて頂きます。

よろしくお願いします

塩澤照彦作 枝垂れ梅の訪問着

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 11:53
恒例の松坂屋上野店 「リサイクルきもの名店市」も無事8日間の会期を終了し、多くの着物好きのお客様にご来場頂き感謝申し上げます。更に夢吉きものでのお買物ありがとうございました。
訪問着や華やかな袋帯をお探しの方が心なしか増えてきたようで、新春を迎える季節を感じるのでした。


今回は薄紅梅色のたたき染にアールデコ調にデフォルメされた梅の花が素晴らしい東京友禅の作家さんでもあり、工芸展でいつも拝見する日本工芸会正会員塩澤照彦さんの作品をご紹介します。

これでもかと全面に流れている枝にアールデコな表情の梅の花が描かれてます。



上から梅の花を見ますと、まるでカップのように立体感がありハッとします。


【塩澤照彦作 枝垂れ梅の図訪問着】


こちら夢吉日記ご紹介している商品はご購入可能です
1,メールにてご連絡下さい。日記の日付とタイトルをお知らせ頂くと助かります。
以下のアドレスをコピーして下さい。
kyokotokunaga73@gmail.com
2,在庫確認後お返事致します。
3,商品代金をゆうちょ銀行にお振込下さい。
4,商品発送後一週間以内の返品を受付致します。
※返品送料はお客様ご負担お願いします。
5,商品の返品確認後返金致します。
※発送料+振込手数料を差し引かせて頂きます。

よろしくお願いします

しょうざん製訪問着

  • 2018.11.26 Monday
  • 10:04
老舗しょうざん製の訪問着をご紹介します。
「しょうざん」と言えば生紬。 しなやかな生紬地に大胆な染め分けの付け下げが特徴ですが、こちらは生紬ではなく柔らかな二崩しの地紋のある変織の丹後ちりめんとなってます。
その上に、優しい古色ある色使いで染め出した細やかな花木をしょうざん独特の構図で表現してます。






【しょうざん変織訪問着】※未使用品
袖丈 49cm
裄 67cm
身丈 164cm
前幅 24.5cm 後幅30cm
16万円+税

こちら夢吉日記ご紹介している商品はご購入可能です
1,メールにてご連絡下さい。日記の日付とタイトルをお知らせ頂くと助かります。
以下のアドレスをコピーして下さい。
kyokotokunaga73@gmail.com
2,在庫確認後お返事致します。
3,商品代金をゆうちょ銀行にお振込下さい。
4,商品発送後一週間以内の返品を受付致します。
※返品送料はお客様ご負担お願いします。
5,商品の返品確認後返金致します。
※発送料+振込手数料を差し引かせて頂きます。

よろしくお願いします

ぼかし象牙色結城紬

  • 2018.11.17 Saturday
  • 09:56
お客様からお問い合わせの多い無地結城紬のご紹介です。
ご希望の色のナンバーワンはベージュ系ですが、今回は無地ではなくぼかしのタイプです。ぼかしのリサイクル流通量は少ないので特におすすめ致します。


エメラルドグリーンの鮮やかな櫛織の袋帯を乗せてみました。モンステラにも見える大きな葉っぱでヴィヴットにしても良し。
あるいは古典的な柄ゆきの織の帯で落ち着いたコーディネートも良し。
そんな安心着物としてワードローブのお仲間に如何でしょうか。
状態も大変良く、裄直しも可能です。

ニュアンスのあるベージュ色をお楽しみ下さい。


【本結城ぼかし象牙色紬】
袖丈 48cm
裄 66cm +3cm
身丈 165cm
前幅23.5 後幅30

80.000円+税
sold outありがとうございます。


こちら夢吉日記ご紹介している商品はご購入可能です
1,メールにてご連絡下さい。日記の日付とタイトルをお知らせ頂くと助かります。
以下のアドレスをコピーして下さい。
kyokotokunaga73@gmail.com
2,在庫確認後お返事致します。
3,商品代金をゆうちょ銀行にお振込下さい。
4,商品発送後一週間以内の返品を受付致します。
※返品送料はお客様ご負担お願いします。
5,商品の返品確認後返金致します。
※発送料+振込手数料を差し引かせて頂きます。

よろしくお願いします。

青碧色高久空木さんの帯

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 11:49
堰出し臈纈染という独特な技法でダイナミックな花木を表現された高久空木氏。
精力的に創作活動をされ、二十数年前に他界されましたが、その魅力的な作品のファンの方も多く、時々お問い合わせがあります。
今回は青碧色に近い青がかったグレーの台に胡粉色と墨色で独特の植物が描かれております。


故人になりますと、段々とリサイクル流通も減ってきております。
状態は太鼓下に小さなシミがありますが工夫したら隠れそうです。
その為大変お買得価格となってます。

【青碧色高久空木作名古屋帯】
28.000円+税

こちら夢吉日記ご紹介している商品はご購入可能です
1,メールにてご連絡下さい。日記の日付とタイトルをお知らせ頂くと助かります。
以下のアドレスをコピーして下さい。
kyokotokunaga73@gmail.com
2,在庫確認後お返事致します。
3,商品代金をゆうちょ銀行にお振込下さい。
4,商品発送後一週間以内の返品を受付致します。
※返品送料はお客様ご負担お願いします。
5,商品の返品確認後返金致します。
※発送料+振込手数料を差し引かせて頂きます。

よろしくお願いします。

二代目若松華瑶袋帯

  • 2018.11.08 Thursday
  • 19:59
能装束研究家として西陣織の発展に尽力した初代の精神と流れをくむ二代目若松華瑶氏の宗旦好みの格子袋帯です。
西陣織の制作者の中でも能を愛し能装束の第一人者でもあった若松華瑶氏。
そのお嬢さんでもある二代目の女性ならではの感性で織り上げた作品です。
さらっとした質感と張と柔らかさは締めた時に心地よい満足を得られます。
喜多川俵二さんの帯の感触にも通じ、付下げから無地、江戸小紋、上質な紬まで応用範囲の広い帯として活躍は間違いなしとお勧め致します。

【若松華瑶 宗旦好み格子袋帯】※未使用品
太鼓巾30.8 cm
長さ 435cm
78.000円+税


こちら夢吉日記ご紹介している商品はご購入可能です
1,メールにてご連絡下さい。日記の日付とタイトルをお知らせ頂くと助かります。
以下のアドレスをコピーして下さい。
kyokotokunaga73@gmail.com
2,在庫確認後お返事致します。
3,商品代金をゆうちょ銀行にお振込下さい。
4,商品発送後一週間以内の返品を受付致します。
※返品送料はお客様ご負担お願いします。
5,商品の返品確認後返金致します。
※発送料+振込手数料を差し引かせて頂きます。

よろしくお願いします。

横浜今昔きもの大市

  • 2018.11.08 Thursday
  • 16:47

着物が楽しい秋
今秋も港の風が気持ち良い、横浜赤レンガ倉庫にて開催される
【横浜今昔きもの大市】に出店致します。


夢吉きものらしい商品、お買得品から逸品まで沢山準備して伺います。

2018年
11月9日(金)〜11日(日)
午前11時から午後6時 ※最終日5時閉場
横浜赤レンガ倉庫



個性的な紬


可愛い千鳥の半襟


シックな紫縮緬に染めのクローバーの半襟


パラソルが沢山の帯揚げ



銀座越後屋扱いざっくりした紬


水色カラフルな紬に山本由季さんの名古屋帯

練習着物

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 19:16
秋深くなってまいりますと、着物姿を見かける機会が多くなります。
先日、東京銀座の銀茶会では歩行者天国の中多くの素敵な着物の方を拝見して眼福でございました。
素敵な着物姿を見ると着物を着たい気持が高まりますね。


そんな動機で着物着付けレッスンを始める方へ… 着物の着付けは練習する着物によって難しい場合がありますので初めての着物は紬をお勧めします。
サイズが合ったリサイクル着物で何度も練習して下さい!


リサイクルの大島紬 9.000円
未使用保管難ありの名古屋帯 3.000円


帯揚げは二色ぼかし
帯締はしめやすい丸組


良く見ると可愛い絣です。

松原利男さんの着物

  • 2018.10.31 Wednesday
  • 20:20
江戸時代から続く染色技法 長板本染中形



故松原利男さんは1955(昭和30)年に初代の人間国宝に認定された故松原定吉さんのご子息であり、現在活躍されてる松原伸生さんの父上です。

まったりとした独特の藍の色が魅力的です。更にそれに対比する青みがかった白地が美しいですね。

4種の花束がなんとも可愛いらしくそれらの花束を繋ぐ糸と細かな点が技術の高さを感じます。
曲線と一越縮緬の柔らかなマリアージュと申したら大袈裟かもしれませんが、見れば見る程にその繊細な仕事にうっとりするばかりです。

以前、日本橋の催事で松原利男さんの綿浴衣反物を販売しておりました。
偶然にも同時期に息子さんの松原伸生さんの個展がご近所で開催されてまして、その個展帰りのお客様が感激されてお買い上げ頂いたのを思い出しました。
少なくなった松原利男氏作品、ご関心ある方に是非この機会にお勧め致します。

【松原利男作長板中形藍染小紋】※リサイクル品
袖丈 49cm
裄 62cm +4cm
身丈 158cm +8cm
80.000円+税


こちら夢吉日記ご紹介している商品はご購入可能です
1,メールにてご連絡下さい。日記の日付とタイトルをお知らせ頂くと助かります。
以下のアドレスをコピーして下さい。
kyokotokunaga73@gmail.com
2,在庫確認後お返事致します。
3,商品代金をゆうちょ銀行にお振込下さい。
4,商品発送後一週間以内の返品を受付致します。
※返品送料はお客様ご負担お願いします。
5,商品の返品確認後返金致します。
※発送料+振込手数料を差し引かせて頂きます。

よろしくお願いします。

ママの晴着

  • 2018.10.28 Sunday
  • 09:03
七五三のお母様の装いをリクエスト頂戴して、フルセットのお支度をさせて頂きました。
お子様の卒園式や入学式にも着用されたいとのご希望した。
昼間にさりげなく目立ち、派手でなくかつ個性的にと考えた結果、 ご用意したのは柔らかい紬地に辻が花の訪問着です。
桃山時代の辻が花の技法を復元した第一人者の小倉健亮氏による、昭和時代の作品となります。
当店にてお手入れお仕立替をし平成の最後の年にこうしてお若いお母様がお召しになる事、本当に着物屋をしていて良かったとしみじみと思います。


3人目のお子様を懐妊中とかで、おはしょりがお腹に取られたようです。
しかし、妊娠中にも関わらずこのように着物でお参りをされ和服の良さが更に伝わってきます。



個性的なM様の選ばれた帯は黒地に汕頭刺繍、エルメスの黒のバッグと見事にリンクしてます。



皆さまのご健康と益々のご発展をお祈り致します。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM