千葉あやのさんの反物

  • 2017.08.23 Wednesday
  • 18:42
同じ肌加減でしょうか?自然派ワインを提供する飲食店も展開してます夢吉きものです。 藍染を纏う魅力は自然派のワインを飲んでいる感覚に通じます。
疲れないとか、体に優しいとか、ただ単に吸い込まれる気分とか…

着物屋を始めてからこの本に出会いました。

立松和平さんが染織に精通してるとは思ってなかったので、少々衝撃的でしたが、彼の肉声が聞こえてくるような「きもの紀行」何度も読み返してます。
私のバイブル本の1冊になりました。

そして10年後、偶然にも立松和平さんの訪れた千葉あやのさんの反物に巡り会えました。



千葉家に伝わる正藍冷染(しょうあいひやしぞめ)は日本最古の染色技法だそうで、熱を加えることなく自然のままに発酵を促すため、染めのできる期間は初夏のごくわずかな期間ゆえ冷染と呼ばれてます。
藍を種から育て栽培、原料となる蒅で藍玉をつくり、布を染めるという一貫した作業を自家で行う技術者 故千葉あやのさん。
昭和30年に国の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に指定されました。

反幅は狭く、藍染の端は経年の褪せた色に変色してます。
しかし、ほっくりとした木綿の生地と相まって半端じゃないオーラが伝わってきます。
江戸時代の地白木綿から発する同じエネルギーです。

このまま反物で置いとくのはもったいないので、帯に仕立でようかと悩むのも嬉しい時間です。
sold outありがとうございました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM