草木染め山崎研究所

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 08:33
寒さが厳しくなりました。
個人的な防寒方法ですが、ダウンコートにも負けない暖かい着物になります。
冬の着物って実にいいなと思うのです。
1,裏ネルの足袋
2,ネル又は厚手の裾よけ
3,肘までのロング手袋
4,ロング丈のコート
5,襟首にファー
もっともっと工夫されてる方いらっしゃると思いますが…。

さて
そんな厳しい寒さに対応してくれそうな紬の着物と帯の反物のご紹介です。
草木染めを商号登録をされた山崎研究所の反物です。

月明織と記された、味のある着物の反物を入手しました。山崎桃摩氏が主宰していた草木染研究所の商品です。 合成染料と区別する為天然染料の草木染を昭和7年に「草木染」を商標登録して、草木染を広めた山崎斌氏。その息子さんの山崎桃摩氏の工房の品です。
茶に蘇芳色の縞ですが、良く見ますと蘇芳の縞の両サイドには黄色の糸を入れて浮き上がるようメリハリを付けてます。


茜染の帯地を合わせてみました。

出羽の織座のほっこりした質感も見る方に暖かさを与えてくれますね。


【月明織草木染め反物】
60.000円+税

こちら夢吉日記でご紹介してます商品はご購入可能です
1,メールにてご連絡下さい。
※夢吉日記の日付とタイトルをお願い致します。
 
2,在庫確認後お返事致します。

3,商品代金をゆうちょ銀行にお振込下さい。

4,商品発送後一週間以内の返品を受付致します。
※返品送料はお客様ご負担お願いします。

5,商品の返品確認後返金致します。
※発送料+振込代金を差し引かせて頂きます。


よろしくお願い致します。


夢吉きもの
kyokotokunaga73@gmail.com
アドレスをコピーして何でもお問い合わせ下さい!


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM