塩澤に眼鏡織帯

  • 2018.02.05 Monday
  • 17:37
極寒の立春となりました日本列島ですが、春らしいコーディネートのご提案をさせて頂きます。


奈良時代に織られた越後麻布。その技術技法を江戸時代に絹で織始められたのが塩沢紬と呼ばれてる新潟の代表的な織物のひとつです。

遠目には無地、良く見ますとランダムな絣の織物です。特徴の地薄のサラサラ感としぼが着やすくて着崩れしないのが何よりですね。


帯は草木染の優しい色使いの眼鏡織。
新潟の染織作家 西橋はる美さんの作品でございます。


こちら夢吉日記でご紹介してます商品はご購入可能です
1,メールにてご連絡下さい。
※夢吉日記の日付とタイトルをお願い致します。
2,在庫確認後お返事致します。
3,商品代金をゆうちょ銀行にお振込下さい。
4,商品発送後一週間以内の返品を受付致します。
※返品送料はお客様ご負担お願いします。
5,商品の返品確認後返金致します。
※発送料+振込代金を差し引かせて頂きます。


よろしくお願い致します。


夢吉きもの
kyokotokunaga73@gmail.com
アドレスをコピーして何でもお問い合わせ下さい!


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM