夢吉きものです

  • 2018.10.01 Monday
  • 08:53
ちょっと和服販売の事を聞いて下さい。

↑以前の福岡店の店内です。
現在はユメキチワインとして自然派ワインの飲食店として営業してます。


夢吉きものは着物のセレクトショップとして2003年12月に開業しそろそろ15年を迎えます。
それまではアンティークからリサイクルの着物ファンとして買う立場だった私でした。
着物屋を始めるきっかけは夫の同僚の奥様に案内された新品の呉服展示会。強引な囲み販売員さん達から逃れる意味でも、夫や同僚の顔を潰したら申し訳ない気持ちで、カードで購入した着物と帯でした。

これおかしくない?と
1、着物を儲けの手段として中間マージンを何回も取る着物販売システムと強引な接客姿勢に疑問を感じた事。
※残念ながら今でも新品、リサイクル関係でも存在してる業者がいます。
2、幼少からの記憶にある上質の素材が少なくなってきた事。
3、日常着としての着物セレクトショップが少ない事。


じゃ自分でお店作ってしまおうと
商品構成は偏ってるが趣味の合うお客様に支持され、普通に着物を買えるお店。

【夢吉きもの】

福岡から東京青山に店舗を移転して1年半経ちます。
開業当初の週末営業スタイル
金&土曜日の販売で青山通りから一歩入った場所で営業してます。

これからも頑張って良質な染織の商品を探し、リーズナブルな値段設定に心がけ、皆様に喜んで頂けるお店作りをして参ります。
よろしくお願い致します。

夢吉きもの
店主 徳永京子
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM