縮緬地四季花々付下着物

  • 2019.02.22 Friday
  • 07:58
味わいのある、古典的な柄ゆきの付下げ着物のご紹介です。


縮緬の生地は時間が経ちますと縮む傾向がありますのを鑑み、更に反幅から昭和後期から近代の着物と思われます。


一見小紋のようですが、全体をよく見ますと柄を繋いでる凝った付下げになってます。



龍村の帯を乗せてみました。
格高の名古屋帯が程よく調和します。
灰梅色のベージュの色味や細かな花々の古典柄の上に丁寧な金駒刺繍が施された高質な着物は現代の着物シーンにも負けずに一際目立つ事と思います。



品良く、目立たず、そんな装いがお好きな方に如何でしょうか。

【灰梅縮緬花の図付下げ着物】リサイクル品
袖丈 49cm
裄 63cm +1
身丈 161cm
45.000円+税


こちら夢吉日記ご紹介している商品はご購入可能です

〈ご購入方法〉
1,メールにてご連絡下さい。日記の日付とタイトルをお知らせ頂くと助かります。
以下のアドレスをコピーして下さい。
kyokotokunaga73@gmail.com
2,在庫確認後お返事致します。
※店頭販売完了、その他soldout未処理の場合があります事ご了承下さい。
3,商品代金 +消費税 +送料をゆうちょ銀行にお振込下さい。

〈返品について〉
4,当店商品発送後一週間以内の返品を受付致します。
※返品送料はお客様ご負担お願いします。
5,商品の返品確認後指定金融機関に返金致します。
※発送料+振込手数料を差し引かせて頂きます。

よろしくお願い致します
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM